チャリナビ - Charity NAVI

認定特定非営利活動法人
環境リレーションズ研究所

地域を応援する/ 自然をまもる


DSC_7922 - コピー (2)
DSCN7349

団体概要

私たち環境リレーションズ研究所は、一般市民が環境行動へ一歩踏み出す支援をするための「間口が広く、敷居の低い」スキームを提供することを目指している団体です。

 主幹事業は「人生の記念日に樹を植えよう!」をスローガンに、森林再生と地域振興につなげるためのプロジェクト「プレゼントツリー」です。自然災害や植栽放棄等で荒廃した森づくりが必要とされる土地に、大切な人や自分自身の「人生の記念日」のプレゼントとして樹が植えられ、一本一本シリアルナンバーを付けて、10年間大切に保育管理されます。

 はじめは贈った・贈られた記念樹に対しての愛着が、やがて森全体、そして森のある地域への想いにつながります。プレゼントツリーでは、記念樹の「里親」である都市部住民と、中山間地域である地元住民との交流人口の増加にも貢献しており、こうした活動を通して、継続的な地域支援を最終目標と据えております。

チャリプラからのオススメコメント

大切な人への贈り物として、未来の地球への贈り物として、木をプレゼントするプロジェクト「Present Tree」を手がける環境リレーションズ研究所。贈る人も受け取る人も幸せな気持ちになり、誰もが10年間「Present Tree」の成長を見守ることができます。そして、長期にわたるこうした活動に参加する人を増やすことで、人と自然が共存可能な社会の実現を目指している団体です。

代表者からのメッセージ

バストアップ02

理事長 鈴木敦子

 「日本の森を守ろう!」と言えば、多くの人達は賛同しますが、具体的なアクションには至りません。でも、「子供が生まれたから記念樹を植えよう」「結婚の記念に樹を植えよう」と呼びかけると、動き出します。多くの人は「私事」として捉えた時に初めてアクションに参加してくれます。

 だからPresent Treeは、人生の記念日に、植樹が必要な、焼失林や放置林、被災林などに樹を植えて森を再生させるというスキームとなっています。 PresentTreeによる植樹が必要なエリアは、イコール「地元だけでは森林再生がままならない地域」であり、即ち少子高齢・過疎化の進むエリアです。

 Present Treeの参加者は主に首都圏をはじめとする大都市の個人や法人の皆様です。皆様の「大切な記念樹」は、一本一本に識別番号を付けてこの番号毎に「植林証明書」を発行、皆様のお手元にお届けし、以後10年(場所によっては20年)に亘りその樹を管理していきます。

 この10年という期間は、人間が手をかけて積極的に森林への遷移を手伝っていくべき時間という側面と、記念樹を機に生まれた参加者と当地との御縁、および地元の人たちのモチベーションを育むための時間という側面とを併せ持っています。その間、通常行われるべき森林の施業管理は勿論のこと、その他、識別のための番号札が外れれば改めて付け直し、樹が立ち枯れすれば、同じ時期に予備に植えた別の元気な樹に番号札を付け替える、というとても細やかな作業を、各地元の林家さん(多くは森林組合)に委託しています。

 なぜ、そうまでするか?というと、10年間しっかり皆様の記念樹をその森に維持し続けることで、都会の人たちの、はじめは「自分の記念樹」にだけ持っていた愛着が森全体に拡がり、森に行きたくなり当地を訪れ、当地の人たちとも縁が生まれ、当地の賑わいや経済的活性化にも貢献するようになり、故に森も潤い続ける、という好循環こそが、正にPresentTreeのコンセプトだからです。

 そして、人間社会にとって決して短くはない10年間という約束を担保するため、また、地元の方々にしっかりコミット頂くために、私共主催者と、地元首長さん、地元林家さん、そして森林所有者さんとの4者間で、がっちり協定を結びます。こうすることで、仮に私共団体が無くなっても、外の3者だけで約束が履行される仕組みとなっています。

 このようなミッションと、それに伴う緻密な仕組みが信頼に繋がり、最近では、大手企業の参加が増え続けており、これらの企業経由も含め2005年1月のスタート以来今までに、お陰様で延べ250万人超もの方々にご参加頂き、およそ4億5千万円が集まり、国内外23箇所の森林再生を担うまでに育っているプレゼントツリー・プロジェクトです。

 森には、ご承知のとおり、綺麗な水を育み、美しい環境と生態系を保全し、国土を災害から守る等の沢山の大事な機能があります。そして、その森林に国土の約7割が覆われている日本ですから、まさに、「森づくりは国づくり」です。「地域が潤い、そして森も潤い、だから国土も潤う」、そんな地域と森の理想的な循環を目指すコンセプトが理解され、環境大臣賞をはじめ、千葉県里山活動協定認定や宮崎県二酸化炭素森林吸収量認定等各地で評価を頂くことができました。また、現在では色々な自治体からPresentTreeへの勧誘が入り、2012年10月からは、いよいよ東日本大震災被災地でのPresentTreeが岩手県宮古市で始まっています。

 被災地への支援熱が冷め始めるこのタイミングで、10年かけて当地の復興に寄り添えるPresentTreeは地元からも大いに期待されており、気を引き締め直しているところです。

団体情報

所在地 101 - 0054 東京都 千代田区神田錦町1-27-4 大手町ITビル8F
連絡先 03 - 5283 - 8143 / ptmail@presenttree.jp
(担当者:平沢 真実子)
設立年月日 2003 年 9 月
活動エリア 国内外のべ23か所(2013年8月現在) 国内: 北海道、岩手県、新潟県、岐阜県、山梨県、千葉県、神奈川県、静岡県、熊本県、宮崎県 海外: インドネシア、ブルキナファソ(アフリカ)