チャリナビ - Charity NAVI

認定特定非営利活動法人
認定NPO法人カタリバ

子どもをささえる/ 教育を考える/ 被災者をささえる


SONY DSC
コラボスクール

団体概要

NPOカタリバは、高校で生活する多くの高校生に、ちょっと年上の先輩スタッフたちが、同じ目線で一緒に語れるような「場づくり」をしています。そんな「ナナメの関係」あふれる優しい社会をめざし、今日もたくさんの「きっかけ」を運び続けています。

チャリプラからのオススメコメント

高校生に対して、ほんの少し年上の大学生の先輩が語りかける「ナナメ」の関係を大切にしながら、高校生が前向きな人生を考える機会を作っています。3500人を超えるボランティアスタッフが、こうした活動を支えており大学生が主体となり教育活動をサポートするメディアにも多く取り上げられている注目の団体です。

代表者からのメッセージ

imamurakumi

代表理事 今村久美

 NPOカタリバは、キャストと呼ばれる学生や社会人が、高校生から現在までの生活における経験の中から、等身大の悩みや努力、失敗談などを、高校の特別授業「カタリ場」において語り、高校生の悩みを一緒に考えるコミュニケーションプログラムを展開している団体です。

 日本の教育において、高校まではクラスがあり、先生による出席で一日が始まり、みんなでカリキュラム通りに毎日が進み、与えられたことを繰り返せば一定の卒業ができる環境にあります。自分で生活をある程度組み立て、授業を受ける大学の教育システムは、たとえば寝坊して学校に行かなくても誰も救ってはくれません。ある意味、自己責任の世界です。そのシステムを生かし活用できる人にとっては、大学は何だってできるすばらしい環境ですが、高校までの環境に慣れてしまっているほとんどの人には、自分で意欲を持って毎日を組み立てるトレーニングができていません。突然大学に放り出されてしまう状態です。

 大学進学や就職という、自立的な行動をするステージに立つ前の教育機関において、国語や数学や理科の学習と同じくらい当たり前の学習として、自発的に何かに挑戦する意欲が持てるきっかけを高校までの学校教育に作ることが、卒業後の環境で自立した行動につなげられる準備になるのではと思ったことが、設立へのきっかけです。私たちはNPOカタリバを通じ、自分らしい未来をみつけるプログラムを、すべての高校生に提供したいと考えています。

 キャストには様々な大学・専門学校の学生や、若手の社会人などが3500名ほど参加しており、年間約80のカタリ場現場に訪問しています。1回のカタリ場には、学年集会230名ほどの生徒に対して、30~80名ほどのキャストが7~8名の車座になって、高校生と同じ目線で対話します。進路のこと、人間関係の悩みなど、様々なことを語り合うのです。

 こうして一緒に考えることで、高校生が視野を広げ、自己肯定観を持てる効果があります。これは私たちが提案するキャリア教育の形です。

 親でも先生でも友達でもない、年齢の近い第三者との関係。これを私たちはナナメの関係と呼んでいるのですが、この関係性は育てる方も育てられる方にも価値があると考えています。例えば親には話せない、友達では少し物足りない話を、ナナメの関係であるお兄さん、お姉さんに話してみると、怒られるわけでもなく、励まされつつも客観的に指摘をしてくれる。高校生は年齢の近い憧れの存在の人からの指摘を素直に受け入れることができ、ポジティブに生きるきっかけを見出していきます。また、お兄さん・お姉さん側としても、参考にされている立場なので、「しっかりしなきゃ」と思うわけです。これは双方にとってとても価値のあることだと思います。

 数年前までの学校教育現場では、卒業後にどこに就職をするのか、どこに進学をするのかということが、ひとつのゴール指標でした。社会の流れが変わり、企業における終身雇用が崩壊した今、社会のニーズとして考えて行動することができる人材育成を、学校教育に対して求められています。また、地域コミュニティの関係性が希薄になっている現状から、子どもたちが他人と交流する機会が圧倒的にへってきてきます。

 そんな中「生きる力」という言葉が象徴するように、「どう生きるか」というすべての過程に導入されはじめました。この時代背景の下で、私たちは高校生にとって近いけれども遠くなってしまった「先輩世代との出会い」と「他社とのコミュニケーション」をキャリア教育として、高校のカリキュラムに提案しています。

 今、大人が子どもとのコミュニケーションを見直し、一人でも多くの子どもたちがわくわくする憧れや、ドキドキする挑戦をできるように支えることで、子どもたちが近い将来、社会を担う人材になったとき、もっと笑顔のあふれる社会にしていく大人になることでしょう。私たちはそう信じ、これからも活動していきます。

団体情報

所在地 166 - 0003 東京都 杉並区高円寺南3-66-3 高円寺コモンズ2F
連絡先 0120-130-227(フリーダイヤル) / kaiin@katariba.net
設立年月日 2001 年 11 月
活動エリア 日本-東京、宮城、岩手