チャリナビ - Charity NAVI

認定特定非営利活動法人
チャイルドライン支援センター

人権をまもる/ 子どもをささえる/ 教育を考える


KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
電話を受ける写真①20120406

団体概要

チャイルドラインは18歳までの子ども専用電話です。家族のつながり、地域のつながり、友だちとのつながり、ごくごく身近な人たちと上手くつながることが難しい今のこどもたちの、電話でつながるこころの居場所です。子どもは、本気で話を聴いてもらえた、受けとめてもらえとた感じることができれば、自分自身で課題と向き合い、乗り越えていく力を持っています。そう信じ、子どもの「ことば」の奥にある「こころ」を受けとめる・・・それがチャイルドラインです。
 世界130カ国以上の国々で子どものためのホットラインが開設されており、日本では1998年から始まりました。現在、全国44都道府県に76団体が活動し、2,000人以上のボランティアが電話を受けています。
 チャイルドライン支援センターは、子ども専用のフリーダイヤルを運営するとともに、チャイルドラインが全国各地に広がることを支援し、各チャイルドラインとのネットワークを通じて、必要な情報を収集し、発信しています。また政府機関をはじめ、子どもたちのために活動する様々な団体や個人とネットワークしながら、子どもたちの住みやすい社会環境づくりをめざしています。

チャリプラからのオススメコメント

 北欧で生まれた、子どもの悩みを電話で受け止める「チャイルドライン」を日本に普及することを目指しているチャイルドライン支援センター。その活動は10年を超え、現在では、日本の39都道府県・68団体が、チャイルドラインを実施しています。子どもたちが身近な人にはできない相談などに専門の相談員が耳を傾け、子どもたちを支える、そんな新しいしくみを日本に作り出した団体です。

代表者からのメッセージ

太田久美

代表理事 太田久美

 日本の子ども支援のシステムとしてチャイルドラインが生まれて15年。

 この間、長年の念願であった、子どもに課金されない電話(フリーダイヤル)、全国どこからでも同一番号でかけられる電話という、子どもにとって利用しやすいシステムにしていくことを実現しました。

 チャイルドラインが全国に拡がり、子どもたちの認知度が高まり、企業や諸団体や国、そして市民の皆さんの応援・支援をいただく活動になった今、次なる課題は、子どもや社会の信頼を裏切ることなく、より一層質を高めていくことです。

 そして子どもたちが安心してかけ続けられるよう、フリーダイヤルの安定的な継続にも責任を持たなければなりません。

 子ども支援のさらなる充実のために、どうぞ応援のほど、よろしくお願い致します。

団体情報

所在地 162 - 0065 東京都 新宿区住吉町8-5 曙橋コーポ2A
連絡先 03 - 5312 - 1886 / info@childline.or.jp
(担当者:高橋 俊行)
設立年月日 1999 年 1 月
活動エリア 日本全国