チャリナビ - Charity NAVI

2HJ 活動写真②1-340x255

団体概要

日本では毎年500万トンから800万トンの食べ物が品質に問題がないにも関わらず廃棄されています。一方で約213万人がフード・セキュリティに欠けている状態にあります。セカンドハーベストは、そうした食べ物を支援を必要とする人たちに運ぶ日本初のフードバンクです。2016年は、476万食を届けましたが、まだ多くの人が支援を必要としています。少しでも多くの食品を必要とする方に届けたい。この思いを実現させるため、皆さまの温かい応援をお願いします。

チャリプラからのオススメコメント

セカンドハーベスト・ジャパンは、日本初のフードバンク団体です。発足以来、画期的な取り組みをすすめ多くの人に食べ物を供給してきました。 沢山の食べ物が捨てられている中、食べ物を必要としている人がいるという矛盾に論理的に取り組み活動を広げてきました。

代表者からのメッセージ

_ Nagisa Kamiya

CEO チャールズ・マクジルトン

セカンドハーベスト・ジャパンの活動はとてもユニークで効率的です。というのも、食品は食品メーカーや農家などから寄付されてきます。あらためて作るわけ ではなく、既にあるものを有効に使う。寄付されなければ廃棄されれしまったかもしれない食品を有効に使えるわけです。そうした食品を届けるため、あなたが セカンドハーベスト・ジャパンに寄付をした場合、その寄付は何倍もの価値を持った食品として必要とする人たちに届けられます。例えば、1,000円をセカンドハーベストに寄付した場合、その1,000円は10倍になり、私たちは10,000円相当の食品を届けることができます。必要な人に必要な食品を届ける食べ物のセーフティネットを広めるのが私たちのミッションです。オリンピックのある、2020年に東京から1年間に10万人に生きていくのに必要な食品を届ける【10万人プロジェクト】に現在取り組んでいます。食べ物に困ったら、あなたのお住まいの地域にも食品をすぐに受け取れる場所がある。そんな社会を目指します。

団体情報

所在地 〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-5-1 水田ビル1F
連絡先 03-5822-5371
設立年月日 2002年3月
活動エリア 日本ー関東、日本ー石巻、日本ー熊本