チャリナビ - Charity NAVI

特定非営利活動法人
グッドネーバーズ・ジャパン

子どもをささえる/ 被災者をささえる/ 途上国を応援する


活動画像1
活動画像2

団体概要

アジア・アフリカの8カ国において、主に子どもの支援事業及びコミュニティ開発事業、災害時の緊急支援活動を実施しています。
また国内では、開発途上国の子どもたちの写真展、国際協力イベント、講演活動を通して、皆さんに「知ってもらう」機会を提供しています。

チャリプラからのオススメコメント

1991年に韓国で発足し、2004年には日本事務所、2005年にはUSA事務所も立ち上げ、現在はグローバルに活動している団体です。 学校教育や給食支援など子どもの支援を中心に行いながら、それらの子どもを取り巻く大人たちの支援も行っています。

代表者からのメッセージ

013

代表理事 福井 玲

グッドネーバーズ・ジャパン代表理事 福井 玲


 「子どもは国の未来・国の基礎。子どもがどのような教育を受けるかでその国の未来が変わります。」


 グッドネーバーズは1991年に韓国で設立されました。当初は国内の結核患者や孤児の支援から始め、次第に災害発生時の緊急支援、バングラデシュ、ケニアなど、海外にも活動の場を増やしてきました。

 そして2004年にグッドネーバーズ・ジャパン、2005年にグッドネーバーズ・USAが開設されてからは、支援対象国も増え、現在は世界24カ国で子どもの教育支援、農業開発、職業訓練など、それぞれの地域で必要とされる活動を現地コミュニティの人々と共に行っております。また大地震や洪水などの災害時には、支援対象国としていない国でもすぐにスタッフを派遣し、食料やテントなどの物資配布から、医療や子どもの心のケアまで状況に合わせた支援を実施しています。

 途上国でスタッフは、車では入れない奥地まで入り込み貧困に苦しむ家庭を一軒一軒訪ねて回るなど、地域住民と緊密な関係を大事にし、日々の支援活動を行っています。

 例えばネパールに住むある男の子の家族は、象に家を壊され毎日食べていくのがやっとでした。男の子は学校に行くこともできず道で先生に会っても避けていましたが、そんな折、グッドネーバーズの支援により学校に通い始め、先生にも元気に挨拶ができる子になりました。新しい家もできました。

 私達が展開している、教育・公衆衛生・保健医療・農業開発や職業訓練といった支援活動は、子どもと子どもを取り巻く地域住民の生活環境の改善を目的とし、子どもに焦点を当てた活動が中心です。なぜなら子どもは国の未来・国の基礎であり、子どもがどのような教育を受け、どのような環境で成長するかでその国の未来が変わるからです。

 先程紹介したネパールの男の子も、教育を受けられるようになったことで、彼の将来の可能性が広がりました。このような子どもが増えれば、国の未来も変わってくるでしょう。


 日本もまた、戦後は国連や海外の援助を受け、成長してきました。そして今でも、日本は貿易を通じて多くの国に支えられています。飢餓や貧困、児童労働などは途上国だけの問題ではなく、そこが同じ地球上である限り私たちも関係しています。第三者として「援助する」のではなく、同じ地球市民として「助け合う」という姿勢で、私達は活動しています。


 いまだに世界には、飢餓や貧困といった、日本では考えられない不条理な状況が存在しています。

「子どもの笑顔にあふれ、誰もが人間らしく生きられる社会」を目指し、「国内外のパートナーと共に、貧困及び差別の原因や災害・紛争による脅威を取り除く」というミッションを達成するため、情報を日本の皆様に発信して一人でも多くの方に継続的なご支援をお願いすると共に、国際協力事業にご賛同頂ける企業・法人の皆様と協働し、途上国の子ども達を取り巻く環境を改善していきたいと思っています。

団体情報

所在地 143 - 0016 東京都 大田区大森北 2-14-2 大森クリエイトビル3階
連絡先 03 - 6423 - 1768 / web@gnjp.org
(担当者:谷口 真菜実)
設立年月日 2004 年 12 月
活動エリア "カンボジア、インドネシア、ネパール、バングラデシュ、インド、ケニア、エチオピア、チャド 日本-岩手"