プライバシーポリシー

特定非営利活動法人チャリティ・プラットフォーム(以下「チャリティ・プラットフォーム」という)は、支援者,協力者を含む個人の方々(以下「支援者ら」という)の個人情報の保護の重要性を認識し、その徹底のため、以下のように個人情報保護指針を定めます。

個人情報の定義

チャリティ・プラットフォームが保護すべき個人情報とは、生存する個人に関する情報であって,特定の個人を識別できるもの(容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別できるものを含みます)をいいます。

個人情報保護のためのスタッフ教育

チャリティ・プラットフォームのスタッフ(※1)は、個人情報保護および個人情報の適切な管理方法についての指導・啓発を受け、業務における個人情報の適切な取り扱いを徹底します。

個人情報の収集と利用

(1)チャリティ・プラットフォームが個人情報を収集する際は利用目的(※2)を明確にし、個人情報保護法その他の関連法規で認められる場合を除き、その目的の範囲外での利用はいたしません。
(2)個人情報の収集は、支援者ら本人の同意を得た上で適正な方法で行い、その利用目的を当人へ通知、公表(※3)又は明示します。

暗号化技術の利用

(1)チャリティ・プラットフォームは、ウェブページ上からの個人情報収集にあたってはできるだけ、暗号化技術「SSL」(※4)を用います。
(2)チャリティ・プラットフォームでは、広告効果の測定、アクセス状況の計測を目的として、「クッキー(Cookie)」(※5)を利用することがあります。第三者企業のシステムを利用することもありますが、クッキーの利用によって、支援者ら個人を特定することはいたしません。

収集した個人情報の第三者への開示

チャリティ・プラットフォームは収集した個人情報を、原則として第三者に開示することはいたしません。ただし、個人情報保護法その他の関係法規で認められる場合は除きます。

業務委託について

チャリティ・プラットフォームは、情報処理や発送業務などのために、業務委託先に個人情報を提供する場合がありますが、このような場合、業務委託先を慎重に選定し、業務委託先を適切に監督します。

セキュリティについて

チャリティ・プラットフォームは、収集した個人情報が不正なアクセスを受け、または改竄され、紛失しないように、必要かつ適切なセキュリティ措置を講じます。

個人情報に関する当人からの問合せ等について

(1)チャリティ・プラットフォームは支援者ら本人または代理人から、個人情報の照会・修正等を要請された場合、または個人情報に関する問い合わせや苦情・相談を受けた場合は、迅速、誠実、適切に対処します。
(2)チャリティ・プラットフォームは、支援者ら本人または代理人からの個人情報の照会・修正等または問い合わせや苦情・相談についての対応窓口を設けます。

問い合わせ窓口: 特定非営利活動法人チャリティ・プラットフォーム
 住     所:〒107-0062 東京都港区南青山3-8-37 第2宮忠ビル3F
 電 話 番 号:03-5770-3150
 メールアドレス:info@charity-platform.com(※ スパム防止の為@を全角にしてあります。)

法令等の遵守について

チャリティ・プラットフォームは、個人情報保護のための関連法令およびその他の規範を誠実に遵守します。

個人情報保護指針の見直し

チャリティ・プラットフォームは、個人情報保護指針を常に見直し、個人情報の取り扱いおよび管理をより良いものにしていく観点から、本方針を必要に応じて更新することがあります。

※1:
スタッフとは、以下の者をいいます。チャリティ・プラットフォームと雇用関係にある従業員(正社員、契約社員、嘱託社員、パート社員、アルバイト社員等)のほか、当社と雇用関係にない者(理事,監事、ボランティア・スタッフ等)も含みます。

※2:
利用目的には、以下のものがあります。
・チャリティ・プラットフォームからのお知らせ、年賀状などの送付
・会員名簿,寄付者名簿等の名簿への記載(内部書類として管理)
・正会員、寄付者については、認定NPO登録申請にかかる書類(国税庁提出書類)への記載
・寄付者については、ホームページ上での紹介(本人承諾後)
・その他、会報などへの記載など(本人承諾後)
・メーリング・リストへの登録(本人承諾後)

※3:
通知の方法としては、以下のいずれかの方法によります。
・電子メールによる通知
・口頭による通知
・文書による通知
・チャリティー・プラットフォームホームページによる通知

公表の方法としては、以下のいずれかの方法によります。
・チャリティー・プラットフォームホームページへの記載
・展示会・セミナー受付での提示

※4:
SSLは、通信データのやり取りを「暗号化」して、第三者による情報の盗聴、改ざん、なりすましなどを防止するインターネット上で最も普及している暗号化プロトコルです。

※5:
クッキーとは、サーバーからユーザーのブラウザに送信され、ユーザーが使用しているコンピュータのハードディスクに蓄積される情報ファイルです。ユーザーが同じサーバーに再度アクセスした際に、それを認識することができます。